合同葬をお考えの方

家族と会社で行う合同葬とは

故人の家族と会社の両方が納得して行う合同葬

合同葬とは、亡くなった人の遺族と、故人が勤めていた会社とが一緒に行う葬儀の形をいいます。遺族の希望をとりいれつつ、会社側の意向も入れて執り行いますが、その際には両者の希望が共にかなうように、双方できちんと話し合い、納得して、満足のいく葬儀にすることが何よりも良いことだとされています。会社が主催する社葬や、家族だけで密葬を行った後に開かれるお別れの会とは異なり、故人が火葬されるまでの葬儀のすべてが合同葬という形の葬儀の中に含まれています。故人の家族が行う一般的な葬儀とは違い、会社側も準備が必要になるので、それにかかる時間も必要となるため、亡くなってから短い時間ですべてのことを決めなくてはなりません。社葬であれば、葬儀にかかる費用はすべて会社側の負担になりますが、合同葬は家族の意向も取り入れられるため、話し合いにより会社と家族の両方で負担することが一般的なようです。

合同葬の2つの種類とそのメリット

合同葬には、大きく分けて2つの種類があります。まず1つ目は、葬儀の主催を会社と遺族が合同で行うという「社葬」の一種としての葬儀スタイルです。通常の社葬は、会社が主催して行うものであり、遺族の側は社葬とは別に個人葬という形で葬儀を行います。しかし中小企業など、葬儀の規模が比較的小さくなる場合は、社葬と、遺族側の個人葬で参列者が同じになってしまうことも多いため、合同で行ったほうが便利な場合があります。合同葬のメリットとしては、通常の社葬と比較した場合、費用や準備などの負担を軽減できることなどが挙げられます。次に2つ目の種類は、大規模災害などにより多数の犠牲者が出た場合に、その遺族同士が合同で行うという葬儀スタイルです。大規模災害では、遺族も被災している場合が多いため、個人単位で葬儀を行うのが難しくなるという事情を踏まえて行われます。

合同葬をして大切な人を葬りましょう

大切な人に不幸があったときに行うのが葬儀で、これを行うことによりしっかりと大切な人を葬ることができます。これで故人がスッキリした気持ちで成仏ができ、最後のお別れができます。葬儀を行う際に家族や親戚だけでやるのは故人のことを考えると少し寂しいもので、今まで関わってきた人にも来てほしい気持ちです。やはり、多くの人が仕事場で様々な人間関係を作っているので、会社の人にも来てもらい、故人とのお別れを一緒に行うことで、悲しい気持ちを大勢で分け合うことができます。家族と会社の人で葬儀を行うことを合同葬と呼ばれ、これを行うことにより大勢で一緒に最後のお別れができるので、何回も葬儀を行う必要が無く、一回で終わらせることができます。葬儀で大切になってくる挨拶も一気にできるので、時間を効率的に使うことができます。

企業の規模にもよりますが、社葬には300万円から2,000万円ぐらいかかります。 企業アピールを重視し、「偲ぶ会」や「お別れの会」としてパーティ形式でホテルで行う社葬が増えています。 社葬の中では、費用が抑えられるため合同葬を行う中小企業が増えています。 社内外に影響のある社葬は、信頼できる葬儀社に依頼することが大切。 社葬とは、創業者や役員などの功績を称えるために企業が行う葬儀のことです。 合同葬についてサイトでご説明しております