弔電ホットライン

弔電のマナーを解説します

弔電のご活用について

大切な方が亡くなった時、お通夜もしくは告別式にすぐに駆けつけたいけれど、遠方のため向かう事ができなかったり、やむを得ず都合がつかなくて向かう事が難しいということもあり得ます。落ち着きを取り戻したらお焼香でお家へ伺ったりお墓参りに足を運ぶという手段も想定されますが、弔電を活用するというのも賢明だといえます。今までの謝意の気持ち、あるいは故人とのメモリーを弔電に書き記します。遺族のほうも感謝の意を表されるでしょうし、こちらサイドとしてもまったくしないよりはよく、お通夜もしくは告別式に出向く事ができずお詫びを述べたいという心持ちが多少なりとも軽減されます。それらの他にも花をあげたり供物をあげたりも言われますが、場所を取らない弔電を越えるものはないですし最善と考えられます。申し込みの仕方は心配はいりません。ネットでも認めてくれますので、ご利用になると良いと言えます。

弔電を利用したことがなくても大丈夫

突然の訃報で故人への気持ちを表わす方法の一つに弔電があります。通夜、葬式に出席できないときにでも利用されることが多い電報です。電報を送ったことがない方でも簡単に申し込むことができます。もちろん、急な場合の対応も当日でもできるところがありますが出来れば前日まで済ませておくと安心です。申し込みはネットや電話が簡単です。また、台紙や文例も数多く用意されていますし、キリスト教などの宗教によっても選択できますから、相手の葬儀の形式も前もって聞いておくといいでしょう。また送る際に慌てるのがあて先の住所と名前や日程です。住所は会場、名前は基本的に喪主宛となりますから間違わないように調べておく必要があります。ただし、どうしても喪主のお名前がわからない場合は故人の方のお名前とご遺族様と記入してもらうこともできます。また、弔電と一緒に香典も送ることができますから、電報を依頼する受付の方へ確認するといいでしょう。

急な訃報に役立つ弔電

悲しみは突然訪れます。昨日まで元気だった友人や親戚が亡くなることは少なくありません。この急な訃報に狼狽して大切なメッセージを送らずに後悔はしたくありません。弔電は電報の形式で送ることのできるメッセージで、電話会社にオーダーします。自分の住所や氏名、メッセージの内容を伝えると、メッセージカードに記入されて送りたい相手に送付されます。細かなオーダーが可能で、弔電の送付日を決めたり送付先を葬儀社宛にすることも可能です。また、メッセージカードは数種類あり亡くなった人の年齢や性別により変えることができます。メッセージカードと共にお供えするお花を飾ることで悲しみの中にも華やかさが演出され、最後の門出にご家族の心に印象的に残ります。ほんの少しの気遣いで残されたご家族にうれしい気持ちがわき起こります。宗派により水引の表書きを変えることを忘れずに最後までしっかりお見送りしましょう。