イベントでの景品の準備の仕方を決める

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲームなどをイベント内で行う場合、景品の準備をしておいた方が、その場を盛り上げることが出来ますので、準備をしなくてはなりません。準備をするときに注意しておかなくてはならないのは、予算を決めて予算内におさめる事や、みんなに喜んで萌らえる商品を選ぶ事です。
一部の人にしか喜んでもらえないような商品を選んでしまうと、参加者につまらないと思われてしまいますし、盛り上がりに欠けてしまう事になります。
どんな景品を選ぶかでイベントの盛り上がり方が変わってきますので、慎重に選ぶようにしなくてはなりません。選ぶ時には、参加者の年齢層や男女比などを考えて選ぶ事も大切です。いくらいい商品だったとしても、参加者に合っていない商品であれば意味がなくなりますので気をつけましょう。

持ち帰りが難しいものは出来るだけ避ける

イベント時のもらった景品は、その場で持ち帰ってもらうようにしなくてはなりませんが、持ち帰りに難しいものは用意しないようにしなくてはなりません。重たすぎるものだったり、かさばる物の場合は持ち帰るのが難しくなります。
参加者全員が自家用車で来ているのであれば問題ありませんが、電車などの公共の交通機関を利用する人が多い場合は、出来るだけコンパクトなものの方が喜ばれます。その場を盛り上げるために、大きくて重たい豪華な賞品をどうしても選びたいのであれば、郵送でおくるようにした方がいいでしょう。
当選者の住所を聞いて直接送るようにしておけば、本人が持ち帰る必要もありませんので問題ありません。郵送の場合は送料の事も考えておかなくてはなりませんので、予算をやりくりしましょう。

どれだけ用意するかも考えてみる

参加者がどのくらい集まるのかが把握できているのであれば、参加者全員に商品を用意することも出来ます。上位数名には豪華な賞品を用意するようにして、会の参加者にも参加賞として何か用意しておくといいでしょう。数十人が参加しているのに、上位数名しかもらえないのであれば、参加者は最初からやる気をなくしてしまいます。進行をする時には、最初にゲームをスタートさせる段階でどんな商品が用意されているのかをみんなに伝えておくようにしましょう。最初に伝えておかなければ、何がもらえるかもわからないのにやる気は起きませんし、参加自体をしない人が出てきてもいけません。
全員に参加して喜んでもらう為にも、みんなが参加して楽しめるように、どれだけの量を用意するかを決めましょう。

ピックアップ記事

子供達が笑顔で喜ぶ景品選びをする

子供が小さな頃には、いろんなところでイベントや会が催されますので、係を任せられる事もあります。七夕祭りやクリスマス会など、地域ごとに催されたり、学校で行われる場合もありますので、親も参加する事もあるで...

イベントでの景品の準備の仕方を決める

ゲームなどをイベント内で行う場合、景品の準備をしておいた方が、その場を盛り上げることが出来ますので、準備をしなくてはなりません。準備をするときに注意しておかなくてはならないのは、予算を決めて予算内にお...

人気の景品はランキングから選ぶ

二次会幹事や忘年会幹事など、一生のうちにはその役目が回ってくる事も何度かあっても不思議ではありません。幹事になれている人であれば、難なくこなしていくことが出来ますが、初めての人の場合は段取りを早めにし...


利点