子供達が笑顔で喜ぶ景品選びをする

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供が小さな頃には、いろんなところでイベントや会が催されますので、係を任せられる事もあります。七夕祭りやクリスマス会など、地域ごとに催されたり、学校で行われる場合もありますので、親も参加する事もあるでしょう。子供達に配る景品を用意する係を任された場合、どんな景品がいいかを考えて準備をしなくてはなりません。
参加するみんなが楽しみにしていますし、みんなが笑顔になれるような物を選んでおくといいでしょう。小さな子は素直に感情を表現しますので、気に入らないものだった場合は、表情にあらわれてしまいますし、態度に出てくる子もいます。来年はもう参加したくないと思われない為には、来年も絶対に参加したいと思ってもらえるような商品を選んでみんなに喜んでもらいましょう。

アレルギーの事も考えて選ぶようにする

子供達に配る景品で気をつけなくてはならないのは、アレルギーがある子がいるかを確認しておく事です。食べ物に対してアレルギーがある場合、お菓子などの中に食べてはいけないものが含まれている可能性があります。
自分で食べてもいいか大丈夫かを判断できるようになっている子であればいいですが、まったく判断が出来ない年齢の場合は、お菓子などを渡すのは危険です。学校主催の場合は、先生に確認すれば教えてもらえる可能性もありますが、個人情報の関係などから教えてくれない場合もあります。はっきりと確認が取れない場合は、お菓子は避けるようにし、他の商品を選ぶようにしておく方が安全です。万が一アレルギーがある子がいた場合には、大問題になってもいけませんので気をつけておきましょう。

いくつあっても困らないものを選ぶ

たくさんのイベントに参加していると、いろんなところで商品を貰う事もありますので、もうすでに持っているものを貰っても困る場合もあります。
マグカップなども人気がありますが、いくつももらっても困りますので、最終的には喜ばれなくなります。
いくつあっても困らないものの代表としては、文房具類です。鉛筆や消しゴム、ノートなどに関しては、使えばなくなるものですので、いくつもらっても困る物ではありません。キャラクターを選ぶと好みが別れますので、あまりキャラクターでは選ばない方がいいでしょう。小学校低学年と高学年では好みが大幅に変わってきますので、学年ごとに商品を変えたほうが、年齢に合った物を渡す事が出来ます。文房具類であれば持ち帰りにも困りませんので、親が参加しないイベントでも自分で持ち帰れます。

ピックアップ記事

子供達が笑顔で喜ぶ景品選びをする

子供が小さな頃には、いろんなところでイベントや会が催されますので、係を任せられる事もあります。七夕祭りやクリスマス会など、地域ごとに催されたり、学校で行われる場合もありますので、親も参加する事もあるで...

イベントでの景品の準備の仕方を決める

ゲームなどをイベント内で行う場合、景品の準備をしておいた方が、その場を盛り上げることが出来ますので、準備をしなくてはなりません。準備をするときに注意しておかなくてはならないのは、予算を決めて予算内にお...

人気の景品はランキングから選ぶ

二次会幹事や忘年会幹事など、一生のうちにはその役目が回ってくる事も何度かあっても不思議ではありません。幹事になれている人であれば、難なくこなしていくことが出来ますが、初めての人の場合は段取りを早めにし...


利点